ダミダミビルメン2

アクセスカウンタ

zoom RSS たまには花

<<   作成日時 : 2017/05/15 15:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
まっ、ハンショウヅルが咲いていたもんで。

ほいで、ひょろっとしていて上の方しかお花がないのは外来種?
てっぺんに蜘蛛さんがいました。

んぢゃま、帰るべ。

晴れてよかったな★

画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これは、マツバウンランっていうオオバコ科(以前はゴマノハグサ科)の植物ですね。1941年に京都で確認され、現在では全国的に見られる北アメリカ原産の帰化植物です。
桃色うさぎ
2017/05/15 22:24
やはり外来種でしたか。
山の方にも外来種は多いですねえ。

2017/05/16 01:41
今や外来種はどこにでも生えていますね。この前まであちこちで沢山の白いユリが見られたのではありませんか? あれもタカサゴユリとテッポウユリの交雑種のシンテッポウユリっていう帰化植物ですね。
桃色うさぎ
2017/05/17 00:00
白いユリはまだ見ないですね。
もう少しで見るかも。
タカサゴユリだかテッポウユリだかよくわからないです。
交雑種ってことがあるんですか。

2017/05/17 00:11
この何十年で全国的に爆発的に増えた種なんですよね。解説によってはタカサゴユリって考えもある様ですが、実際には個体によって両種の特徴を持ったものや一方に偏ったものなど様々なんですよね。人工交雑して作られたものの逸出とも考えられていますね。これからの時期、街中や土手、山際などでたくさん咲いている白い漏斗形のユリは、このシンテッポウユリですね。
桃色うさぎ
2017/05/17 01:13
これから土手にタカサゴユリだかテッポウユリだかどうなのっていうお花がたくさん咲いてくるんですが、それがシンテッポウユリということでしたか。

2017/05/17 01:16
はい。でも現時点ではタカサゴユリって表記されてる書籍がまだまだ多いですね。
桃色うさぎ
2017/05/17 18:53
実はタカサゴユリもテッポウユリも区別がつかないので、当然シンテッポウユリも区別がつかないです。

2017/05/17 18:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
たまには花 ダミダミビルメン2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる